読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生、東奔西走

自分の人生の備忘録のつもりで作りました。

2017-4-26 【●L3-4Bs○】 復活のエース金子千尋 ガラスのエース返上へ

baseball.yahoo.co.jp

baseball.yahoo.co.jp

 

西武ファンでもあるけど、プロ野球ファンでもあったということを思い出す、そんな一試合。

落ち着いて振り返りたいところで。

ところで、これ続きを読む機能は単純にトップページの長さ軽減のためのものなんであんまり意味のないところで区切ってます、あしからず。

 

さて、この日の先発は高橋光成。5回に突如崩れて4失点で負け投手となってしまって。

この一週間後も同じようなことを突然やっているから5回が鬼門なのかもしれない。かつて野上が6回鬼門と言われていたけど、5回がボーダーになってしまうと勝ち投手にもなれない。非常に厳しい。高橋光成投手には踏ん張りどころと思って頑張って欲しい。

 

さて、3点とった打線なんですけど、正直3点とったら褒めるしかない。なぜなら、相手があの金子千尋だから。

 

金子千尋。2004年オリックス入団のかの球団のエース。

怪我で離脱するという経験が多いですが、怪我なく一年フルで帯同した時というのは、2010年、2013年、2014年の成績を見ればわかる通り、圧倒的の一言。

豊富な球種を抜群のコントロールで操り、気がつけば試合が終わっているという印象を受けるピッチャーです。

が、ここ2年は対戦してももうどうにもならねぇという感じをあまり受けず、あわよくば勝てるんじゃ?という気持ちで試合に望んでいたのも事実。

ですけど、今年は開幕からのピッチングを見ていると、あの金子千尋が帰ってきたんじゃ…という印象を受けます。

 

ここまで5勝無敗。まさにエースの貫禄。120球以上投げている試合がないのに、2完投できているのはひとえに金子千尋だからということでしょう。

あとはこの調子で怪我なく1シーズン投げられれば、もちろんタイトル争いにも絡んでくる、そういう投手です。

 

となると、日程のめぐり合わせに期待するのみ。今年の金子とは当たりたくねぇ!よろしくグレゴリオ暦