読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生、東奔西走

自分の人生の備忘録のつもりで作りました。

2017-4-1 【●L1-3F○】 今シーズン初黒星 しかしただの負けじゃない

baseball.yahoo.co.jp

 

 

さて、開幕二試合目。敵地でのカード勝ち越しがかかったマウンドには野上亮磨。

今シーズンオフには元モーニング娘。石川梨華さんとの結婚も発表され、公私ともに充実した一年とするために、負けられない野上亮磨の開幕戦です。

 

まぁ、結果から言うと1-3で敗戦。野上投手は負け投手となってしまったわけですが。

5回3失点は先発投手としては本当に最低限というところでしょう。6回3失点がゲームを作った目安であるQS(クオリティ・スタート)と考えれば、物足りないと言われても仕方ない。

ただまぁ、野上亮磨、個人的にかなり好きな選手なんであんまり強く言いたくないんだよなぁ…。開幕2試合目を任されるというあたりにも、今シーズンの好調さを首脳陣が感じているのだろうし、次登板こそ2017年を始められるように。

 

打線に関して言うなら、この試合3者凡退は7回の1イニングのみ。チャンスを作りながらあと一本が…というけども、試合を見てるとなるほどそこまで点が取れる雰囲気でもなかったので、こういう日もあるかなと仕方ない。

強いて言うなら、3回の攻撃。

先頭秋山ツーベースヒットのあと田代が進塁打で1死3塁で好調の浅村。

ここで外野フライでも内野ゴロでも先制点を取っていればあるいは…というのは試合が終わってスコアを見ての感想なので後出しにはなるんですが。

開幕戦はそれができたから勝った、この試合はそれができなくて負けた。それだけのことなのかもしれません。まぁ、それはいいんです。143勝無敗でシーズンを終えられるわけもないので。

要は終わったときに、こういう試合を落とした回数よりも拾った回数が勝っていれば、そういうチームが優勝するのかなと、そう思います。

 

個人的に嬉しかったのはこの試合が終わったあとの辻監督談。「野上が粘ってくれたから接戦になった。打線もあと一本が出なかった。こういう日もある。」

さすが、勝利のDNAのレオ戦士。1敗くらいで怒ったりしない。こういう姿勢を見習いたいものです。