読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生、東奔西走

自分の人生の備忘録のつもりで作りました。

ビニール傘は突然に

昨日は日付が変わる前に眠れて、6時間ジャストくらいの睡眠時間となりました。

おかげさまで体の調子もよろしく、頭もスッキリ。無事に一日を終えました。

しかし、ブログをするときっていつも体調・健康の話題になることが多いなあというのは中学校の頃からの習性じゃないかと思うようになってきました。

健康第一というのは一生のテーマなのかもしれません。

 

さて、そんな僕の健康を脅かす、由々しき事態が。

先程、コンビニに軽食でも買いに行こうと玄関に出たら、傘がなくなってたんですね。

おっかしいだろ…なんで傘の一つくらい持ってねぇんだ…雨降るのに傘がないんなら、近くのコンビニでも買えよ…買う金ねぇなら自分の情けなさを嘆きつつ濡れていけよ…。

ビニ傘がパクられることに関して、その事実よりも、パクった本人の「このくらいいいだろ」という気持ちが透けて見えるのが非常に気に食わない。

このくらいいいだろというのを皆我慢して、毎日毎日人の世で必死に生きてんだよ!なぜてめぇだけ、その理に従って生きねぇんだ。

それができねぇなら、人間社会から去って、野山で駆けてくれ…そして、地平を駈ける獅子にでも食われてくれ…。

 

自分でも使ってて思うんスけど、このパクるという言葉も曲者なんじゃないの。間違いなく盗んでるじゃないんですかと。借用とかちょいと失敬とかそういうんじゃねぇだろ。盗んでんの!キミは!ひとの所有物を盗んでるの!

なんで俺がアイスモナカ食べるために雨に濡れながらコンビニに行かなきゃいけないんだ!

もう怒った。なんで試合がない日にこんなに気持ちを揺さぶられなきゃいけないんだ。ほんっとうにもうふざけんなよ…、もっと、こう…あるだろう!

 

ここまで書いてて思ったんですけど、ブログ始めても、長い文章が書けるTwitterだな。この調子じゃ…。

それでもまぁ、僕は過去十本単位で犠牲になった愛すべきビニール傘たちのために、この件については都度怒りを撒き散らして生きていくのだと思う。