読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生、東奔西走

自分の人生の備忘録のつもりで作りました。

2017-4-5 【○Bs2-0L●】 ホーム開幕2連敗 あなたにとってプロ野球とは

baseball.yahoo.co.jp

 

ここ数日季節の変わり目ということもあり、睡眠不足に苦しんでいます。

どうも季節の変わり目に寝付きが悪くなるんですね。

グロッキーになりながらも、レッドブルで頭叩き起こし、コーヒーガンガン飲んで、カフェインの濾過器となりながら、仕事を終えて、ロッカールームでスマホポチれば試合結果の通知ですよ。

いつまでもガクッと来ていても仕方ないので、落ち着いて試合を振り返ってみましょう。

 

といっても、今日は平日デーゲームでしたので、試合見てないんですよね。

テキスト速報とパ・リーグTVのハイライト見ての感想になります。

 

先発の高橋光成は脅威の7四球というわけで6回途中2失点で敗戦投手。

6回途中2失点はまぁ、試合をある程度作ったと思いますよ。先発5番手なんです、そこまで厳し目に言う必要もないかと。

フォアボールが多いのは、昔菊池で慣れてますから…。まぁ、将来あるピッチャーです。投球フォームも好みですしね。

さて、その高橋にフォア連発でマウンドを譲られた武隈祥太。ここはもう落ち着いています。

昨日は小石をべた褒めしたんですけど、今日は武隈ですね。こういうところで無駄な失点はしないということが、後々効いてくる試合もあるということです。そのうちね。

 

さて、打線については、ダイジェストを見る限り、いいあたりをかっ飛ばして、ヒットと凡退とゲッツーの山を築いてたんで、そういうことですかね。

完璧に抑えられてるわけじゃないと思いますので、ポジティブに行きましょう。

ルーキー源田は2番に座ってマルチヒット。7回には好守も披露し、これはいよいよショートレギュラーかなという働き。ルーキー源田の活躍は一服の清涼剤です。

 

しかし今日は両軍合わせて3つしか三振がないという、こういう試合もあるものだなぁとなかなかに感心してしまいます。

ヒット打たれまくっても、フォアボールで崩れなければ、平気で勝てるということ、オリックス先発の松葉貴大さんに教えてもらった気がします。

敵ながらあっぱれなピッチングでした。7回に山川を三振にとったあとのガッツポーズがよかったですね。どうせ抑えられるなら、このくらい気迫のあるピッチャーに抑えてほしいものです。見ていて気持ちいい。

 

さて、開幕5試合を終えて2勝3敗と借金1です。

ホームで連勝できていれば、今頃ホークス、イーグルスとならんで、首位だったわけで。

タラレバで野球はできないですけど、優勝をするためには、こういうタラレバで悔しがるシーンというのを減らしてほしいなぁとおもいます。

 

ところで、プロ野球を見る目的ってなんなんでしょう。

贔屓チームとは、あなたにとってなんなんでしょう。

昔、新庄剛志パ・リーグについて「日々の生活をほんの少し明るくするもの」と評してくれていたのを覚えています。

プロ野球が全てじゃない、けれども僕にとってライオンズが勝てば未来が明るくなるし、負ければ気持ちが凹むわけです。

全国のライオンズファンが同じような気持ちでいるとするなら、この気持の乱高下をなんとか次世代エネルギーにできないか。いや、エネルギーなんざいらねぇ、ひたすらにハイにしてもらって優勝がみたい。

優勝優勝と口を酸っぱくして言ってますね。

夢は口にし続けていれば、いつか叶う。この言葉を信じているので。

 

金曜日からはホークス戦です。ホークスに勝てなきゃ優勝はできんのです。

エースの意地と打線の発奮に期待して、今日こそはもう寝ます。

いい夢見させてくれ、ライオンズ。