読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生、東奔西走

自分の人生の備忘録のつもりで作りました。

2017-4-2 【○L6-3F●】 開幕カード勝ち越し 優勝が見えた3日間

baseball.yahoo.co.jp

 

 

さぁ、開幕カード勝ち越しです。

この試合はウルフがよく投げてくれました。後をついた牧田、シュリッター、増田の新勝利の方程式も良かった。打線も効果的にさぁ…ほんと君ら最高かよ!

 

では、冷静に試合を振り返っていきましょう。

 

 この試合、開幕カード勝ち越しがかかった重要な試合です。

敵地だから、相手は前年日本一のチームだから、森も金子もいないから…そんなことでは優勝はできません。

多少の不利を覆す地力のあるチームかどうか。それが試される開幕3戦目です。

 

先発ウルフについては暴投等もありながら、6回被安打7の3失点。しかし、ウルフの仕事はこういうことなんですよね。とにかく試合を壊さない。ロングリリーフを必要とさせない。

ローテピッチャーが6人として、一週間に二人くらい3回持たずの先発が出てこようものなら、ブルペンは火の車です。

福倉小石の回跨ぎは当たり前、そんな週がやってくるでしょう。

ウルフのみならず、表ローテの3人。とにかく試合を壊さないQSを目標に投げてくれ、というその一心で応援するばかりです。

そういう意味で、今日のウルフのピッチングは与えられた役割、チームに必要な役割を果たしたという意味で100点をあげても異論を挟ませないといいたいくらいです。

 

さて、そして、初披露となった新・勝利の方程式

牧田和久-ブライアン・シュリッター-増田達至

牧田はさすがの投球術で相手にバッティングというものをさせていなかったし、主リッターは中田、近藤から三振を奪うなど、その持ち前の剛球をいかんなく北の大地の獅子党にお披露目。増田は守護神二年目の落ち着きとともに、危なげなくセーブ。

ここに大石、武隈、小石らが加わっている西武中継ぎ陣。

本当に、中継ぎを出せば勝負がわからないぞなどと野次られていた頃とは隔世の感があります。

土肥ピッチングコーチ、清川ピッチングコーチはじめ、二軍で地道に若手を育成してきた歴代西武投手コーチの思いを胸に、今年こそ頑張りましょう。

 

そして、野手。

この試合はメヒアがとうとうお目覚め。開幕2試合ノーヒットだったのが嘘のように、3安打猛打賞の大活躍。浅村、中村、メヒアのクリーンナップの直後に我らの栗山巧が座るこの中軸。12球団屈指と言っても過言ではないです。本当に。

そして、ダメ押しとなる犠牲フライをあげた木村も素晴らしい。オープン戦の好調っぷりほどには、当たりの出ていないこの開幕3試合。しかし、こういうところで、きっちりと仕事をこなすということの積み重ねが大事なんですよね。

 

さて、3試合を振り返ってみて思うこと。

まずは、先発陣がきっちり試合を作りさえすれば、強力打線が見殺しにはしないということ。

昨年は開幕2試合目から牧田が5イニング投げていたりしましたから。

それに比べて今シーズンの開幕カードは落ち着いて見られるものとなりました。

そして、守備。この3試合相手のミスを尻目に実は失策0なんですよ。

ボロボロだった内野守備がショートに源田壮亮というルーキー一人が入るだけでこう変わるものかと驚いています。

相手に点をやらない。これだけのことがなかなかどうして難しい。

それをしっかり守っているのが源田壮亮というショートストップなのかもしれません。

 

先発と守備。昨年の課題はここでした。

それが改善されれば、優勝は夢ではないと思っています。

今は開幕前の解説者陣のライオンズ最下位予想の多さが不思議なくらいです。

本当にあなたは、ライオンズを見ていたんですか?とシーズンが終わったときにそう言い返せるように、頑張ってください、ライオンズ。

もう9年も待ちました。これ以上待つのはもうそろそろ我慢の限界です。

増やしましょう、ドーム天井の優勝マークを。

胴上げしましょう。辻監督を。6ヶ月後が楽しみです。