読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生、東奔西走

自分の人生の備忘録のつもりで作りました。

2017-3-31 【○L8-1F●】 辻監督初勝利 2017年シーズン上々の船出

プロ野球 - 2017年3月31日 日本ハムvs.西武 - スポーツナビ

 

さて、プロ野球が開幕しましたね。

我らがライオンズは開幕カードを敵地で勝ち越し、明日はオリックスを迎えて本拠地開幕です。

 

そんなわけで、日々の記録を残すため、見れた試合も見れなかった試合もこうして所感を残していこうと思ってっすね。始めてみました観戦記。

 

さて、開幕戦の先発は菊池雄星。エースになってもらわなくちゃ困るという存在が、いよいよエースになるしかないという状況で2017年シーズンを迎えました。

岸孝之のいない今、菊池雄星がコケるということはライオンズ先発投手陣の総崩れを意味します。

そんなプレッシャーを感じてか感じずか、落ち着きのある投球を披露する菊池。

7回を投げて被安打4四死球2で、なんと96球の快投。かつて5回100球オーバーが当たり前という左腕の姿はそこにはありません。

エースらしいピッチングで堂々の開幕投手でした。

 

さて、打線については5打数4安打1本塁打の浅村栄斗新キャプテンが素晴らしい活躍。

それに加えて、先制点を相手のミスで奪い、中盤で犠牲フライでしっかり点をとっているということに注目したいところです。

ライオンズ打線長年の課題であった、個々の能力の割には得点力が低いという問題。それを解決するのは、外野フライをきっちり打つ、進塁打を打つ、相手のミスはきっちり進塁ということなんですよね。

そりゃあ、毎試合おかわりメヒアアベックホームランで4点は固いとかそういうことならともかく、野球ってそこまで一方的なスポーツでもないんです。

相手のエースが好投するときにはフォアからの進塁打、ワンヒットで同点とかそういう野球もしていかなくちゃいけない。

破壊力に加えてそういう役割を下位打線の炭谷や源田がしっかりとできるなら、森や金子が復帰しなくても十二分にリーグトップの怖さを持つ打線にすることができると思います。

 

さて、こうした野球の緻密さを叩き込んでくれると信じているのが辻発彦新監督。

ライオンズ黄金期を支えた名内野手の脳裏には、いったいどれほどの勝利のパターン、勝ちへの道筋が見えているのか。

その数多の方程式が、ライオンズを9年ぶりの頂へと導いてくれると信じて。

いい開幕戦でした。