読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生、東奔西走

自分の人生の備忘録のつもりで作りました。

東山奈央さんデビューイベントについて

松山着いて牛丼食って、温泉入って、部屋に帰って来てというところです。

2/12、数時間前にはまだラゾーナ川崎にいて、お渡し会の列に並んでいたと思うと、なんだか不思議な気分です。

 

今日感じたことを文字に残しておこうと思って、記事を書くに至りました。

東山さんがデビューするとなって、CDが発売されて、曲を聴いて…としているうちに、あぁ、本当にデビューするんだなぁと思って探していた日々。

いよいよデビューイベントが始まろうという日になって、ファンレターを書いていたんですが、ふと心の赴くままに書いていると、まず中川かのん2ndコンサートのことから入っていたんですね。

もう3年も前のライブになります。今更そのことかよ!と思われるかもしれないんですけど、どうしても忘れられないMCがあってですね。

「私はかのんちゃんになれなかった」と涙ながらに話されていた場面がありました。

当時の自分は「そんなことないよ!東山さん以外にかのんちゃんは考えられない!」と思ってたんですけど、きっと東山さん自身が自分に課していたかのんちゃんの水準が凄く高くて、そういう発言になったんだと解釈してます。本当のところはご本人以外にはわからないとは思うんですが。

 

あの時のMCがずっと気にかかってたんです。自分はそら1ファンなんで、のほほんと応援してたんでいい、というのはわかってるんですけど、それだけの覚悟をもって、自分の好きなキャラを演じてくれていると思うと、ありがたいやら、良かったという気持ちやらなんとも言葉にし難い感情があったんですね。

 

その後いろいろなキャラクターを演じる東山さんに出会ってきました。カレン、金剛たち、川島さん…。いつ見ても、キャラクターを降ろしているという通りに、そう見えていました。

10月のSSAでのシンデレラ4thライブ、シークレットゲストとして登場した東山さんのパフォーマンスを見ていて、かのコン2ndから引きずっていた何かの感情がふっと消えるのを感じました。

多分あれは「だってこんなに川島瑞樹さんをやってるじゃないか!かのんちゃんになれなかったなんてやっぱりそんなことはない」という類の感情だったんだと思います。

複数作品、キャラクターについて結びつけて考えてしまっているので、それについては正しくないとも思うんですが、あの日そういうことを思っていたのを覚えています。

 

そのSSAでのライブの後にソロデビューが発表されまして。東山さんが今度うたう歌というのは、何者かになるんではなくて、自分自身として歌うのか、と思い至っていたことを思い出します。

どんな歌になるんだろうか、どう表現していくんだろうかと、楽しみに待っていました。

 

そしたらば、今日のライブイベントのMCで東山さんが「今日、2/12はかのんちゃん1stライブがあって、私が初めてソロライブをした日でもあって、運命的なものを感じています」といったようなMCがあってですね…。

それを聞いた瞬間、もうダメでした。感極まってしまって。

今でも東山さんはかのんちゃんを大事にしてくれてる。そしてかのんちゃんを大事にしてくれているように、演じてきたキャラたちを大事にしてくれていると。

東山さんがキャラクターを大事にしてくれているように、かつて東山さんが演じてきた、表現してきたキャラクターたちが、ソロデビューする東山さんの背中を押して応援しているようにも感じました。

東山さんが7年間魂を吹き込んできた相棒たちは、今の東山さんの世界を形作っていると、そう思えるんです。

 かのんちゃん2ndのMCには続きがあって「私もかのんちゃんと並んで輝く星になればいいんだと思います」と語られていました。

今日が、まさにその時になったのかもしれません。

 

何故東山さんのファンになったんだろうと思うと、そのプロ根性とストイックさと、と思っていたんですが、今日もう一つ気がつきました。

演じているキャラクターへの思い入れみたいなものが多分自分にとってしっくりくる思い入れ方なんだなと。

 

そして、ソロデビューというのは新たなスタートでもあり、これまでの集大成なんだなと…。

 

その瞬間に居合わせることができたことを本当に幸せに思いましたし、行って良かったと心から言えます。

 

これからも、ずっと応援していこうと、そう新たに決意を固めた1日でした。