読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生、東奔西走

自分の人生の備忘録のつもりで作りました。

続・ラーメンの歌

継続は小野寺なり。些細なことでも書けるスタミナがある日は何かしら残しておこうと思って。

 

夜の街のウォーキングは2日目も継続することができた。雨上がりの涼しい空気は嫌いじゃない。そして後半にさしかかってランダム再生で流しているiPhoneが盛り上げてきたら走ってしまうのは仕方ない。今日は『プラリネ』と『サウンドスケープ』の2曲間で走ってしまった。

明日の膝腰が心配だ。

 

そしてクールダウンがてら最後の1キロは歩こうと、Apple Musicで検索をかけていると、馬場俊英のアコースティックセルフカバーを見つけた。

今年から浅村栄斗が登場曲にしていることもあり、懐かしさとともに見てみると『ラーメンの歌』もセルフカバーされているではないか。

最初に聴いたのは大学3年か4年の冬だった。

曲名だけ見て買ってしまったのだが、聴いてみると非常に自分の好きなタイプの歌詞だった。

「チャーシューが一枚と、メンマが4、5本と、刻んだネギと海苔だけで他に何がいるだろう」

 

振り返るとラーメンに関する思い出は数え切れない。

小学生の頃、家族総出で見に行った市の花火大会。終了後の渋滞を抜けて、祖母の家の近くのラーメン屋に入り、電波少年を見ながら食べた冷し中華

中学を卒業した春休み、初めて後輩に何かを奢ったのは行きつけのラーメン屋で。

高校のころ、後入れ液体スープのカップ麺にはまって、麺職人ばかりを食べていたし、大学に入ると、中華料理屋に入り浸っては辛いスープをつまみに夜中まで騒いでいた。

挙句、ラーメンを1から自作したこともあった。

 

家庭の味がカレーなら、思い出を纏った外食はラーメンというのが日本人のオーソドックスな解答だろう。

自分もその例にもれず、ラーメンにまつわる思い出を語っても30分番組くらいにはなる。

 

馬場俊英さんのラーメンの歌は2番のサビにて

「夢が一切れと、涙が二、三粒。刻んだ日々と汗まみれのありふれた人生の歌」

と歌い上げる。

 

大学の頃にこの曲に出会った頃には想像もしてなかった、かったるく、しょーもない、人生を今生きている。

そんなことをしみじみ思いながら歩いていたとき、久しぶりにラーメンが食いたくなってきた。

しかし一杯1000円近くなってしまった日本の大衆食は、今の自分にはハードルが高すぎる。

差し入れてもらったルマンドを食べながら、初夏の夜中は過ぎていく。

歩いていくもん

タイトルにシリアス要素を滲ませながら、何もないっすよ?

GW中に体重が6キロ増えました。正直に白状すると103→109。

 

いや…一時期90切るか?とまでいってた体重も完全な座り仕事となって以降増加の一途をたどり、節約のために実家に帰ってたGWで遊びにもいかず、ひたすら食っちゃ寝食っちゃ寝してたらこうなってしまった。

 

正直100と110にはものすごい差がある。感覚的にも心情的にも。

まず、単純に体が重い。階段を登っていても歩いていてもこの身に感じる重さがハンパない。

それに110を超えてしまうと、とうとう3桁台の住人という気がしてしまう。「まだ、調子いいときは100切ったりするんですけどね」といつのが使えない。

これは良くない。

早速、ということで用事を済ませたあと、夜の松山をウォーキングしていた。

 

大学時代は一時期ジョギングにはまっていて、毎日2.5キロを走ったりもしていたものだが、もう当時の体力はないし、今にして思うと2.5キロってそうでもない。

ともかくも、歩いてみた。

気候が良く、夜の街は涼しくて心地よい。

程々の交通量があり、歩道と車道が完全に分離しているところが多く歩きやすい。

コンビニの明かりを見るとホッとするし、街灯も多く治安面も安心できそうだ。

…結構歩きやすい街だな?松山。

 

歩いていて思ったが、ここ3ヶ月ほど、真剣に全く運動をしていない。よくこれで奈良で山登りするなどとほざけたものだ。

夏の立山、白山登山を登り切るためにも、今は体力をつけつつ、脂肪を落とさないといけない。

本当の敵は自分の心の中にいたわけで。

向かい風も靴擦れの痛みも気にしないくらいの勢いで、歩いていくもん、過去の自分がサボっていた分まで。

 

2017-5-7 【○E3-2L●】 きっともうなにもいらない

パソコンもってくるのがめんどくてスマホで更新してるため細かな体裁は後ほど編集するとして。

今日の試合を感情のままに振り返りたいと思います。

 

さて、とうとうやってきた対岸孝之戦。

勝ってればこの気持ちはどうにか変わっていたんだろうか。ロッテ戦で移籍後初勝利を挙げたを見た時のスッとわだかまりが解消して行くよう気持ちは嘘だったのだろうか。

考えれば考えるほど、自分の気持ちというものがわからなくなってきている。

涌井は許して、帆足を許して、片岡を許して、岸だけ許さないというのは、まぁ義理がたたない。それにたぶん許すとか許さないというそういう感情でもない気がする。

 

なんかこう、スッキリしないのだ。

今、ライオンズには先発が足りない。もしとかたらればというifの話をしても仕方ないといつのはわかってるが、岸がいれば状況はだいぶ違ってきたと思うのは仕方ないことではないのか。

 

FAについては選手の権利。引き止められない球団にも問題はある。

そもそも岸の移籍についてはマウンドの改修やら年俸面の折り合いやらもろもろあったというのもわかってる。わかってるが、じゃあそんなん一ファンの俺になにができるというのか。

金も出せない、マウンドの改修もできない俺にはただ指をくわえて見ているしかないじゃないか。まぁ、プロ野球のファンなんていうものは俺に限らず、西武に限らずそんなもんだと思うけど。

 

で、その感情の帰結がブーイングになるのだろうか。

ブーイングをする感情に共感はできないけども、理屈として理解はできる。

ただ、野次は別だ。あんな個人攻撃みたいなことをしかも負けた後のヒロインでやるというのはみっともない。余計に惨めだ。つまみ出して出禁にしてほしい。

 

昔、涌井にブーイングしている西武ドーム外野席の一団を見てからというもの、どうもブーイングには否定的な見方をしてしまう。なんとなくそれは感情の行き場がなくなった末のどうしようもない悲鳴のようなブーイングではなく、ブーイングしてやったぜといういわゆる「これがプロスポーツの厳しさってやつダゼ」とでも言いたげなカッコつけたものを感じてしまった。

もちろんそのとき自分が見た一団が偶然そんなだったんだとは思う。

でもまぁ、見てしまったんだから仕方ない。

それ以降ブーイングがどうも肌に合わない。

 

ブーイングも祝福もできない自分の宙ぶらりんのこの気持ちはどこにぶん投げてしまえばいいのか、どういう名前のものなのか。

教えてくれる人がいるなら教えてほしい。

 

西武ドームで西武相手に投げる岸孝之という存在を見てしまった時に、なんかこう自分の中でどす黒い感情が芽生え始めたような気がしてならない。

感情の獣になりたいわけじゃかいが、理性の怪物として白けた顔をしていたいわけでもない。

 

この問題の程よい落とし所を探している。見つかるのだろうか。また岸を応援できる日がやってこない。

見つけなければ。

新緑薫る5月なのに

結局今日一日、ブログの更新ばかりをしていた気がする。

まぁ、それはいいんだけど、お陰で昨日の昼間に外出して以降家に引きこもりっぱなしで、逆に調子が悪くなってくるまである。

 

明日はサウナにゆだって、所々の用事を今治で済ませてから、松山に帰ろうと思う。

 

そして、5月が始まる。

 

天候が夏に近づくに連れて、時間がないという焦りがやってくる。

夏に行きたい場所に順番をつけるなら、①立山・白山②メットライフドームSSA紀伊山地となるわけだけど、そのために一体どのくらい生活を削っていけばいいんだろう。

テントに3万、シュラフに3万、交通費、チケット代、グッズ代、宿泊費…ああ、考えれば考えるほど、現実味がなくなってくる。

先立つものが入ってくるタイミングはもう5月末、6月末、7月末の3回だから…勝負しよう。

 

正直、山登りをどのくらい好きなのかわからなかったけど、こうしていけなくなった時の凹みようを見るにつけ、俺って案外本当に登山好きなんだなと。

死なない程度に高い場所目指していくスタイルで、これからもいろいろな景色がみたい。

そのためにも体力も取り戻さないとなぁ…。3ヶ月、やっぱり短いよ。

第6回シンデレラガール総選挙 [新春I.C][独楽の芸達者]岡崎泰葉について

どうも、GW最終日に日付が変わりました。いかがお過ごしでしょうか。

第6回シンデレラガール総選挙は中間発表を超えて、残り2日となっております。

投票券をうっかり投票し忘れることがないように気をつけて、余裕を持った投票行動をしていきましょう。

 

さて、すっかり久しぶりになってしまいましたけど、時系列順に今日紹介する岡崎泰葉はこちら。

 

○[新春I.C]岡崎泰葉【R+】

○[独楽の芸達者]岡崎泰葉【SR,SR+】

○[独楽の芸達者・S]岡崎泰葉【SR,SR+】

 

f:id:keepbeats:20170507005032p:plain

f:id:keepbeats:20170507005105p:plain

f:id:keepbeats:20170507005138p:plain

続きを読む

2017-5-6 【○E10-2L●】 今日の大敗より明日の勝利を 

baseball.yahoo.co.jp

 

やっと追いつきました。今日の試合です。

それでは落ち着いて、落ち着けるものなら落ち着いて振り返っていきましょう。

続きを読む

2017-5-5 【●E1-7L○】 勝利を呼び込むエース菊池雄星 投打がかみ合うってこういうことさ

baseball.yahoo.co.jp

これがやっと昨日の試合というわけでいかに自分がながいこと放置していたのかがよくわかる。

では、記憶に新しい試合を落ち着いて振り返っていきましょう。

続きを読む