人生、東奔西走

自分の人生の備忘録のつもりで作りました。

「今に見ていろ」の精神

神戸マラソンの出場権当選から一週間。

まぁ…周囲の反応は概ね「無理やろ」というもの。なるほど、まぁそうでしょう。狙い通り。

 

わざわざ公言してこういう言葉を集めることで、自分の中にある反骨心を燃え上がらせ始めるのだ。

できた人間なら自分の中の目標やゴールに向かって、自分自身で燃料に着火して動き始めることができるのだろうけど。何度もいってるが俺はそんなできた人間ではない。すごい人間ではかけらほどもない。

だからまぁ、こういう方法を取っているわけ。

 

無力な自分を自覚しているのに、どうしてフルマラソンを走ろうなどと思ったんだろうか…。石鎚山には余裕を持って登れるくらいの体力を取り戻したんだから、そこで満足してもよかったはずだけど…。

30年寿命を伸ばして100まで生きるべく減量計画を立てているからその一環だろうか。

それとも「自分にもっと夢を見るの」の精神だろうか。俺にもまだできることがあるのかもしれない。無力な自分に微力を手に入れるべく、何か一つくらい達成感を得るための挑戦。達成できたらわかるんだろう。

 

そんなわけで2019年。金銭的リソースは東北旅行に、時間的リソースはこの挑戦に突っ込んでいこうと思う。いろいろなことを承知の上でこの選択に到る。2020年以降も健康で文化的な生活を続けていくための一つのチャレンジ。

 

101.3

中京は土日行動圏

このタイトルを入力しようとして「中共は土日行動圏」と変換されたので慌てて戻した。3連休でも台湾ライブに行けないのに、上海や北京が土日行動圏になるのは、おかしい。あー、政治ネタはアウト?じゃあ話を戻してこの土日に・・・。

 

詳細は割愛しますけど、この土日に愛知県の某市で行われた某スポーツの全国大会の応援に行ってました。

なぜ今スポーツなのか…その辺りはいだてん第一部の感想記事にでも書くとして…。

 

 

さて、その方法なんですが。

土曜早朝3時に松山を出発して、土曜12時に現地着。愛知は豊橋・岡崎あたり、あの一帯の某市です。走行距離は片道570キロ。道中名古屋市に立ち寄ったので、往復およそ1200キロ。

いやー、ほどよい距離感でした。

期せずして、今夏東北遠征のプレドライブのような側面もあったので、修正点とよかった点をまとめておこう。

 

まず、往路松山自動車道でのこと。

どうしようもないことだけど時間と時期の関係上、高速道路を走っていると羽虫がぶつかりまくり、車の前面が非常に汚れる。

本州に渡っての休憩でフロントガラスをシートで拭いたものの、やっぱり少し気になる感じに。東北遠征時に同様の事態に直面したときどうするか…。もう少しちゃんとしたガラス拭きシートを用意しておくべきだろうか。洗車場によると、吹き上げ込みでどうしても15~20分ほどは消費してしまう。今夏の旅行にそんな時間的余裕はない。まぁ、虫がボンボン飛んでないことを祈る。

 

あとは車のカーナビが古く開通していない扱いの道の対処法。今回だと新名神の新開通部分が対応してなかったために、カーナビの到着予想時間が正しく機能していないところがあった。そうでなくとも、分岐等で誤った方向を案内されるのだから危うい。

これはスマホのグーグルマップの経路検索を積極的に使っていくことでなんとかしたい。Bluetoothで接続しているカーステレオにいちいちナビ音声が乗っかってくることだけど、まぁ、仕方ない。旅情旅情。

 

逆に復路については、完全に長距離ドライブの「ゾーン」に入っていた。

東海エリア最後の大きめのPAである湾岸長島PAをすぎると、そこから愛媛県西条市石鎚山SAまでスーッと帰ってくることができた。別に急いでいたわけでも無理をすることもなく、なんかすごい運転に集中できていた。

ボーっとしてたからそんんところまでやってきてしまったわけではない。周りの車との車間距離だとかをスーッと頭で把握しながら、分岐も誤らず、眠気も来ず…。

正直ああいうゾーンに入っていくことが任意でできるなら東北旅行の運転上の最大の山場である初日の愛知~福島間の移動も大丈夫な気がする。

事実、今日に疲労が残っているようなこともなかった…。ほんと不思議な体験だったわ…。

 

まぁ、旅行なんだからそこは要所要所でSAPAによってレポートしつついきますよ。俺は愛知や静岡や埼玉やなんかの名産もしっかり食べてから宇都宮の餃子をしばき倒しに行きたいのだ。

旅行期間中だけは食欲の塊ボン復活ですよ。

 

 

101.4

I'm at 豊田

諸事情あって豊田に来ている

豊田といっても東京の豊田ではない愛知県豊田市である

 

さて、俺が豊田に来たと言うことは岡崎市まで目と鼻の先ということだ

行けないか?いやー。行けないなあ。時間がない。悪いけどこれは厳しい。

夏に再びこのエリアを攻める用事はある。その時にリトライしようかな

 

酒も入れとるのでご機嫌度が空回りしている節はあるが明日もあるのでもう寝ます。おやすみ

 

101.6

2019年折り返し地点へ

このタイトルで記事を書き始めたけど思えば真の折り返し地点は来週末であった。

あっ、でも明日夏至だし、折り返しみたいなもんだよな。

 

今年も一年ここまでよく張り切ってやってきました。思えばこの雑記が始まったのは1月の中頃。毎日毎日しょうもないことをとりとめもなく書き綴って気がつけば5ヶ月です。

 

昨日書き始めた頃の雑記を読み返していたら、その頃の体重が110を平気で超えてて笑った。そうか、これ5ヶ月前のことなんだもんな…。なんかあっという間だったような、すごく前のことのような…

 

2019年が終わる頃、今の時期の雑記をどんな気持ちで振り返っているだろうか。毎年年末は年末記事の更新とか雑コラ作りに追われているからそんな時間はないかもしれない。年の瀬に想いを馳せる夏の入り。四国の梅雨入りはまだですが。

 

101.8

TOKYO2020チケット当落発表 全滅編

今日は朝から東京オリンピックのチケットの当落発表でした。

 

さて、開会式に申し込んだ自分の結果はというと…まああえなく惨敗ですわな。

弟が申し込んだ分についてはまだ結果を聞いていないのでなんとも言えないけど、さすがに今回は厳しいでしょう。

俺も弟も各種チケット争奪戦の手練であるし、これまでときにそこそこの強運を発揮し、ときに結構な強運を発揮してきたが今回ばかりは相手が悪い。

 

今日の昼休みにサイトにアクセスしようとしたら120万人余ってが行列を作って待っていた。全員が全員開会式を申し込んでいるわけではないだろうけど、エントリー者数(少なくとも)120万人と言われると「うへぇ…当たるわけないじゃん」って気持ちになってくる。

まぁ、開会式はテレビでゆっくり見ましょうかね。

 

いやー、もう1年と少しか…。なんというか諸々しょうもない騒動とかあったりしたものの、生来の祭り好きの気性のためなんでしょうか。ワクワクしてきますな。こいついっつもワクワクしてんな。

楽しいことが多いほうがいいと思うので特にこの性格を治すつもりもない。

さて、明日も早いので今日はぼちぼち…。

 

101.8

デジタルデータ備忘録

ここ数日、体調が良い…というかライオンズが勝っているので仕事の調子がよく、仕事の調子が良いと疲弊が少ないので退勤後の諸々に精を出すことができ、体調が良くなるというサイクル。

今日も仕事終わりに髪を切りに行って、帰ってから散歩に出かけて、温泉に行ってサウナに行っていた。

 

さて、そんな調子の良さを反映してかこの一週間減量が進む進む。というよりももう痩せなければ走れないのでやばいのだ。

iPhone曰くこんな感じ。

f:id:keepbeats:20190619235711p:image

101キロ台は5/14以来一ヶ月ぶりだし、101.5を切るのは4/25以来のほぼほぼ二ヶ月ぶりになる。

減量が進まない時期も毎日体重だけは記録していたからこういうデータ大好き人間みたいなことができるのだ。

ただ、俺の場合はデータ分析が好きなのではなくて、データ蓄積が好きなんだと思う。この体重履歴をみて、「土日の上昇幅がいつも大きいので休日の食生活に問題あり」とか「3日連続で下がったあとは必ず揺れ戻しがある」みたいなそういう分析をしたことがない。ただ、ぼーっとグラフを眺めて「いやー、なんか下がってんなあ」「なんか下がらねえな」とかそのレベル。ただ記録が貯まってくると、なんか得も言われぬ満足感があるのだ。

 

同じようなことをiPhoneを使って「睡眠記録」「歩数」でやってる。

睡眠記録なんて、毎晩寝言を自動録音しているせいで8.73GBも容量を食っている。(参考:ミュージック38.90GB、写真37.98GB、デレステ6.90GB、ミリシタ3.46GB)

歩数アプリも2018年2月以降1年半近く記録し続けている。これも振り返ってみると、「あー、この日はデレ6th西武ドームであるきまくっていた日だ…」「この日は剣山…」等々過去の行動量がイベントごとと共に思い出される。

他にも、グーグルマップの現在地履歴を記録するサービスを使っていたりしている。

 

忘れっぽい正確なので、日々の記憶を記録として残していきたい。

このブログの雑記もそういう試みの一つだろう。最近過去の自分の記事のリンクをはって「こういうこと言ってましたねー。」ってやってるのは、自分でも自分の言ったことを思い出すため。半年前の自分の雑記とか書いてる内容忘れてるから普通に楽しく読んじゃうあたり便利な頭していると思う。

今年からはiTunesの今週のベストテン制度を復活させていて、毎週10曲のプレイリストを作っているんだけど、これもデジタルデータ備忘録のひとつ。

この前2月とかのベストテンを聞いてたら「あー、この頃に佐野岳くんの映画見に行ったんだよな」とか「馬場俊英をこのタイミングで入れてるの、プロ野球のキャンプが始まったからか…悲壮だ…」とか当時の感情が蘇ってくるようで興味深かったですな。

 

何事につけても忘れっぽいから、いろいろなことを備忘録していかないと、将来70年後とかにいよいよ冥途の迎えがやってくるという段階になったときに自分史編纂する上で困ってしまうからな。

エピソード然り、生活データ然り何かしらの方法でしっかり残していきたい。現代っ子じみた発想だ…。

 

101.4