人生、東奔西走

自分の人生の備忘録のつもりで作りました。

続・睡眠サイクル奮闘記

昨日は「寝落ちしなかった」という記事を書いて、ほぼすぐさま寝てしまった。

そんな昨日の睡眠サイクルがこちら。

f:id:keepbeats:20190123234924p:image

おお…きれいなサイクルが4回で6時間以上の睡眠時間。

今年に入って1時間を超えていた入眠潜時も、此処最近のスコアを20分も縮める結果に。

 

f:id:keepbeats:20190123234950p:imagef:id:keepbeats:20190123234935p:image

(昨年一年間のスコアと今年に入ってからの1ヶ月弱のスコア。入眠潜時がほぼ倍になっている)

 

やっぱ夕方から夜に寝落ちするのとしないのとでは雲泥の差だな。

今日も気持ちよく眠って起きて明日を迎えたいものだ…。

というわけで、今日はこのあたりで。

 

寝落ちしないということ

今日は残業してから帰ってきたんだけど、今まで寝落ちせずに起きている。

ただ、寝落ちしていないというだけで、眠気がすごいのでもうとっとと寝てしまおうかという時間帯。

ここで睡眠サイクルを正常に戻してしまえば、今週残りも戦えるのではないか。気合い入れてとっとと寝よう。

 

 

睡眠サイクルといえば、うちのiPhoneで面白いことが起きていた。

iPhoneのストレージの使用状況を見る画面があるんだけど、まあ、写真や音楽といったものが大容量を占めていて、その後にデレステ、ミリシタ、ガルパとゲーム系が続くんだけど、この間にとあるアプリが入ってたんですよ。なんだと思います?

 

f:id:keepbeats:20190122231659p:image

 

こちら毎晩の睡眠サイクルを記録しているアプリ「Sleep Meister

なんで、これが5GB弱も使ってんだ…と思ったけど、そうか過去1年半分くらいの寝言データを削除せずに延々残していってるからだ。

寝言と言っても、そのほとんどがイビキなので大して価値のあるデータではないんだけど、こうも溜め込んでしまうと消すことさえも面倒くさい。

幸い、iPhoneの容量にはまだまだ余裕があるので、しばらく放置しておこうと思う。

 

もしかしたら、そのうち使いみちが出てくるかもしれないし、置いておく分には問題なかろう…という貧乏性。

 

110.6

 

 

タイトル

今日は晩ごはんに富山ブラック食べに行ったんだけど、あれほどペッパーが強いとは思ってなかった。ガツーンときて、なかなかいい感じだったっすね。

あとから入ってきた年配のご夫婦は白エビラーメン頼んでたんだけど、一口目を食べた奥様が「白エビの感じがすごい」というのを聞いて、俄然気になってしまった。今度行ったときはそちらを頼もうと思う。

しかし、白エビの風味ってどんなだろう…、日頃白エビ食べてないとそのワードさっと出てこないと思う…って話をしてたら金沢のガスエビ食いたくなってきたな。春には富山のホタルイカもいいんだ。北陸の海産物は外れない。天地開闢以来の法則。

 

そのあと最近ご無沙汰していたつけ麺屋さんに行ってきたんだけど、やっぱり馴染みの味というのは安心しますわね。いつもは特盛頼む所を大盛で抑えたあたりに成長も感じさせるムーヴをはさみつつ。

 

帰って、スーツを脱いで、少し腹を休ませようと横になっていたら、また寝落ちてしまった。起きたら22時前。

もう一軒行こうと思っていた横浜家系ラーメンは隣の市にあり、閉店時間は21時。あっちゃー、逃してしまった…。また、この寝落ち行きそびれパターンだ。この東温市の横浜家系ラーメンの店に行こうとして、寝落ち→時間オーバーパターン、此処2週間で3回ほどやってる。もはやなんかこう神の見えざる手的なやつが働いているとしか思えない。

 

仕方がないので、ベランダで月齢15.0の満月を眺めていた。

寝落ちしたとき、暖房を入れっぱなしだったせいで暑苦しい体には夜風が気持ち良い。

ベランダで屈んで見上げると、ちょうど良い高さに月がある。備忘録しておこうと、カメラとか引っ張り出してきたけど、三脚とか望遠レンズもないしうまく撮れない。スマホもしかり。

結局、目で見る月が一番きれいだった。

 

 

こういう一日の行動を振り返る備忘録を書く時にタイトルって毎度悩むんだよね。

今回はそういうタイトルに悩むという意味合いでタイトルってタイトルだけど、このタイトル一回しか使えないタイトルだな…。

まぁ、なんとかしていこう。

 

112.2

7年目のハッピーバースデー to 四条貴音

予約投稿、うまくいってるかな?

本日、1月21日は、『THE IDOLM@STER』の四条貴音の誕生日です。

 

というわけで、なにをさておき第一声。皆様、ご唱和お願いいたします。

 

 

貴音!誕生日おめでとう!!

 

 

続きを読む

往復550キロの巡礼

さきほど、淡路島での七福神巡りを終えて松山に戻ってきました。

 

朝6時過ぎに出発。布袋様をお祀りしている護国寺に到着したのが9時半。

その後弁財天様をお祀りしている智禅寺までを午前中に。

お昼にうどんを食べて、残り2つのお寺を巡って終わったのが15時過ぎ。

 

そこから一直線に今治まで帰って今治に戻ったのが18時半。家族で晩御飯食べた後、松山に戻って21時。

 

合計550キロほどとなりました。本日の行程。

写真とか含めての旅程記事は後ほど…。九州も北熊本SAで何日止まってるんだというところなので、だいぶ後ほどになりそう…。

続きを読む

「フヘヘ」と笑う君が好き

ガルパイベント「ジブン、アイディアル」が先ほど終わりました。

最初はストーリー解放完走までするとは思ってなかったけど、途中まで見たら気になってしまい、結局イベントを走ってしまった。(21時までにATMでお金おろさないといけなかったけど、こっちを優先したため、明日の遠征は1日カード祭りだ。)

 

(以下、ネタバレ注意)

今回の主役はパスパレの大和麻弥。

元来のオタク気質ゆえに、アイドル雑誌へのコラム連載を機に「アイドルらしいとは…」と悩んでしまってドツボにはまるというストーリー。

彼女はアイドルというものを『自分を貫いていて、その姿で人に勇気を与えるもの』と定義していた。オーディオ機材オタクである面をオープンにすべきか、理想のアイドル像を表現していくのか。自分の現在のアイドル姿と理想のアイドル像の間で揺れ動く彼女。

なるほど、idol(アイドル、偶像)とideal(理想)をかけてるのか…イベント名。

その彼女に進む道を選ぶ一助となったのが、パスパレの仲間たちとファンの声。イベントストーリーエンディングで、アイドルらしくないからと封印していた「フヘヘ」という笑い方を取り戻した彼女。俺もそっちの方が好きだなぁ。

 

最近、結構ガルパをやってるんだけどRoselia専用アプリとなりつつあったところに割って入ってきたPastel*Palettes(以下パスパレ)

とある芸能事務所の若手女優らを集めて結成されたガールズバンドユニット。現在バンドストーリーの第1章の途中まで進んでいるんだけど、やれ事務所の意向だ、エア演奏だと大人の事情が絡んでくる。

挙句、お披露目公演でエア演奏というのが衆目に晒されてしまい…え、どうすんのこれ?どうすんの?ちょっと待って白鷺さん。これまでの10年近い経歴に傷が付くなら辞めるとか言わないで…。というところまで進んでます。

その後のバンドストーリー進めて、早くパスパレにハッピーエンドを迎えさせてやりたい…ので、しばらくパスパレ編成で挑む。

 

再びイベントを振り返ると、久しぶりにアイドルという言葉への定義についての新解釈を得られたという意味でも身のあるイベントだった。

 

 

あなたにとってアイドルとは?という質問を思い出す。

 

俺とのアイマスとの出会いは2012年。その時から7年。いろいろなアイドルと出会ったきたなぁ…。

高校卒業するときに、自分がこうもアイドルというものに夢中になるとは思わなかっただろう。

プレイヤー、ファンの目線から「あなたにとってアイドルとは?」という質問に対する答えは何度か変わっていて、今は2018年秋に更新されたものを答えとして持っている。

これもそのうち、備忘録にしようと思うけどキーボードがない実家の布団からでは厳しいので後日。

 

 

まぁ、なんにせよだ。Pastel*Palettesのドラム、大和麻弥が復活してくれてよかった。

ドラムはバンドの心臓だなんて、高校生のケータイの待ち受けにありがちな言葉を送って、今日はここまで。

 

 

113.2

岡崎メヒア問題

前提条件提示。

バイクに乗ってたり、風呂でご機嫌になったとき、泰葉の名前を応援歌に入れて歌う癖があります。

前提条件終了。

 

 

最近、その口ずさむ応援歌について、エルネスト・メヒアのものが多くなってきた。その泰葉メヒア比率が8:2くらいになっている。

 

元歌詞

『エルネスト!メーヒア!ホームランキング!ララララーララー!(ドン!ドン!ドン!ドン!)

エルネストメーヒア!(ドンドン!)ホームランキング!(ドンドン!)ラララーラー↑ラー→)

エールネストメヒア、ラーラララーララ!エルネストメヒア!ララララー!(オイ!)

エールネストメヒア、ラーラララーララ!エルネストメヒア!ララララー!(オイ!)』

(先頭に戻る)

泰葉ver

『おかざっき!やーすは!ララララーララ!ララララーララー!(ドン!ドン!ドン!ドン!)

おかざっきやーすは!(ドンドン!)おかざっきやーすは!(ドンドン!)おかざっきやー↑すはー→)

おーかざきやーすは、ラーラララーララ!おかざきやーすは!ララララー!(オイ!)

おーかざきやーすは、ラーラララーララ!おかざきやーすは!ララララー!(オイ!)』

 

とまぁ、こんな感じで歌ってることが多いんだけど、メヒアの応援歌って具体的なワードがホームランキングだけだから、なんかこう…すっごい抽象的になる。その点、山川泰葉verは

 

元歌詞

『やまかわほーだか、ここで一発。高らかにアーチ描こうぜー。

みんなの想い、バットにのーせて、とーばせはるかかなたーまでー

やーまかわ(ドンドン!)やーまかわ(ドンドン!)やーまかわほーだか!』

泰葉ver

『おかざきやーすは、ここで一曲、高らかに歌いあげようぜー。

みんなの想い、マイクにのーせて、とーばせはるかスタンドへー

おーかざき(ドンドン!)おーかざき(ドンドン!)おーかざき!やーすは!』

 

とまぁ、情景が想像できる替え歌となる。

それでもメヒアの応援歌ばかり歌ってしまうのは何故だろう…という疑問に至ってしまったというのが岡崎メヒア問題。なんでも問題にすることに定評がある俺だ。

 

まぁ、どちらも出自が野球選手の応援歌だから、うっかりこれを泰葉に聞かれても、某キャッチーなデコトラの替え歌の時みたいに、喧嘩になることはないか。

なんかすごい心配されそうだけど。

 

…山野辺翔くんも「ヤマノベ カケル」で姓名4・3のバランスだから、新応援歌期待してるぞ。三菱自動車岡崎出身だからな、彼は。

 

112.0